特別養子縁組とは


「特別養子縁組」とは、子どもの福祉の増進を図るために、養子となるお子さんの実親(生みの親)との法的な親子関係を解消し、実の子と同じ親子関係を結ぶ制度であり、民法で規定されています。

目次

  1. 特別養子縁組の要件
  2. 里親制度、普通養子縁組との違い
  3. 特別養子縁組の申込

 

特別養子縁組の要件

「特別養子縁組」の成立には、以下のような要件を満たした上で、父母による養子となるお子さんの監護が著しく困難又は不適当であること等の事情がある場合において、子の利益のため特に必要があると家庭裁判所に認められる必要があります。

1.実親の同意

養子となるお子さんの父母(実父母)の同意がなければなりません。ただし、実父母がその意思を表示できない場合又は、実父母による虐待、悪意の遺棄その他養子となるお子さんの利益を著しく害する事由がある場合は、実父母の同意が不要となることがあります。

2.養親の年齢

養親となるには配偶者のいる方(夫婦)でなければならず、夫婦共同で縁組をすることになります。また、養親となる方は25歳以上でなければなりません。ただし、養親となる夫婦の一方が25歳以上である場合、もう一方は20歳以上であれば養親となることができます。

3.養子の年齢

養子になるお子さんの年齢は、養親となる方が家庭裁判所に審判を請求するときに6歳未満である必要があります。ただし、お子さんが6歳に達する前から養親となる方に監護されていた場合には、お子さんが8歳に達する前までは、審判を請求することができます。

4.半年間の監護

縁組成立のためには、養親となる方が養子となるお子さんを6ヵ月以上監護していることが必要です。そのため、縁組成立前にお子さんと一緒に暮らしていただき、その監護状況等を考慮して、家庭裁判所が特別養子縁組の成立を決定することになります。

里親制度、普通養子縁組との違い

概要

各制度の概要は以下のとおりです。

  • 里親制度

何らかの事情で生みの親の元で育つことが困難な子どもを預かり一時的に家庭環境で養育を行う制度です。

  • 普通養子縁組

養子が実親との親子関係を存続したまま、養親と親子関係を作るという二重の親子関係となる縁組です。

  • 特別養子縁組

生みの親との親子関係を断ち、子どもの最善の利益のために、育ての親と新しい親子関係を結ぶ縁組です。

違いの比較

各制度の違いは下表のとおりになります。

 

特別養子縁組 普通養子縁組 里親制度
名称 特別養子 普通養子 なし
戸籍上の記載 長男/長女 養子/養女 記載なし
親子関係 実親との関係消滅 実親、養親ともに存在 法的な親子関係なし
育ての親との離縁 原則として不可 認められる 縁組ではないため条件なし
子供の年齢 6歳未満 制限はなし 18歳未満
成立 家庭裁判所に申立て審判を受けなければならない 当事者の縁組意思と届出(契約)。養子が15歳未満の場合は法定代理人の代諾で養親と契約 児童相談所から委託を受ける
養育費の受給 なし なし 国と地方自治体から所定の養育費と里親手当を受給する

 

特別養子縁組の申込

お申込みはこちらから。