日本の里親制度(厚生労働省)

里親には「養育里親」と「親族里親」と「養子縁組里親」と大きく3つあります。
その中で、養育里親というのは、親権が実の親のまま子育てを行い、国から養育費がもらえる制度です。同じ子育てには違いはありませんが、手厚い保護があると言っていいでしょう。しかし養育里親以外にはこのような手厚い保護がありません。こういった制度上の区別によって結果的に養子縁組の数が増えずに子供たちの生活の環境は改善されないまま、欧米と比べても養子縁組の件数が非常に少ない原因となっています。本当は赤ちゃんの時から自分の事を一番に愛してくれる親のもとで育つ権利が子供にはあるはずです。

里親制度等について(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/syakaiteki_yougo/02.html

「女性軽視」米紙が塩村都議会見掲載 都議会セクハラやじ問題(産経ニュース)

そもそも女性議員が出産や子育ての支援について都議会で質問をしている時に内容はどうであれ、やじを飛ばすという行為があること自体が、日本の出産や子育て支援の制度に対する取り組みが遅れていることの象徴ともとれます。少子高齢化は待った無しの問題です。議員の方々にはもっと真剣に取り組んでいただだく必要があります。

「女性軽視」米紙が塩村都議会見掲載 都議会セクハラやじ問題(産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140622/lcl14062220480002-n1.htm