里親会について

平成27年、4月にインターネット赤ちゃんポストの特別養子縁組第一号が誕生いたしました。

これは、養親様が自ら色々調べて学び、積み重なった結果だと思っています。 育児や審判のことなど、同じ境遇の方との話し合いや、アドバイスなどをもらえるよような会ができたら、どんなに心強いだろうと思っていました。

そこでこの度、第一号が誕生したのをきっかけといたしまして、里親会について、皆様のご意見を募集したいと考えております。つきましては、

「例」
・特別養子縁組が決まり、家族として長くやってこられた方の体験談が聞きたい。
・特別養子縁組の大人になった当人の話を聞きたい等・・・・・

皆様からの要望をお聞きしたいと思っています。いくつでも構いませんので、メールでお寄せいただけたらと思います。

よろしくお願いいたします。

相談員インタビュー No1

①第一号について。。。

今回、当団体初の特別養子縁組が誕生しましたので、相談員の方にインタビューさせていただきました。

A・先日、当団体初の特別養子縁組が誕生しましたがいかがですか?

B・このご家族は、ちょうど私が入社したころにマッチングされていたご家族ですので、とても感慨深いですね。養親様との面談をさせていただきましたが、不慣れな点もありまして、ご迷惑をおかけしてしまったかもしれません。しかし一緒に成長していけたことをとても感謝しております。

A・私は最後のほうに少し関わらせていただいたのですが、私たちに頼りっぱなしではなく、
自ら色んな情報を調べ、訪問された調査官に聞いてみたりと、「養子を自分の子どもとして育てていくんだ!」と、その熱意が伝わって決まったようなものだと思いました。

B・はい。いろいろ教わること、多い養親様でしたね。

A・審判までにトラブルもあったとお聞きしましたが。

B・特別養子縁組には6か月の試験養育期間が必要ですので、その間には実母さんと連絡が取れにくい時期もありました。今回、審判は弁護士さんにお願いされておりましたが、お話しを伺うなどで支援させていただきました。無事、審判決定してよかったです。

A・審判が確定してから一度お宅へお伺いしたのですが、メールや電話のやり取りのままの方で、明るく、子育てをとても楽しんでいらっしゃるのが体からにじみ出ているような方で、本当に幸せそうでした。

B・審判決定したご家族皆様に、かけている言葉ですが、これからがスタートです。ご家族力を合わせてあなた達だけの素敵な家族をつくってください。そのスタートに協力できたこと、とても誇りに思います。ありがとうございました。

A・今後のためにと、自分で行ったことを惜しみなくお話し下さったので、本当に色んなことを考えてくださっている、素晴らしい方でした。最後に、お手紙をいただいておりますのでご紹介いたします。(プライバシー保護のため名前は伏せています)

「昨日は、お疲れのところ会いに来て頂きありがとうございました。
お会いするのを楽しみにしていたので、昨日は楽しい時間をありがとうございました。今思う事は、○○○を迎えた事がゴールではなくスタートだと言う事。これから、家族で笑ったり・泣いたり、悩んだりするでしょう。家族だから出来る事だと思います。
これからも、○○○を愛し抱きしめ、そして担当さんはじめ皆様の支えがあり今があるという事感謝し楽しい家族にします。
里親会楽しみにしていますね。声を掛けてくださいね。待ってます。何かありましたら連絡します。本当にありがとうございました。 次回、お会い出来る日を楽しみしています。」