【募集】平成27年11月27日出産予定の児童の里親様「決定」

平成27年11月11日追記
無事里親様確定いたしました。
シェア拡散など、応援頂きましてありがとうございました!
——————
本日20代半ばの実母様より面談のうえ、ご依頼いただきました。

岡山県倉敷市内での出産予定です。
ベビーの性別は「男の子」とのことです。
ベビーの父も母も日本国籍です。
10月30日健診を受けられまして母子共に健康とのことです。
健康保険証はお持ちです。
ベビーの引渡しは出産後退院時です。
特別養子縁組希望ですので、ご結婚されておられる方が対象になります。

里親ご希望の方は、平成27年11月5日までに当サイトからお問合せ、お申込みください。
なお、それまでに里親様が決定した場合は早めに募集を打ち切る事もございますので、
出来る限り早めにお申込みください。
詳しい情報はお問合せいただき、お申し込み頂いたた後になります。
お申込み、審査に関して費用は特に頂きません。
頂いた情報は個人情報として厳重に管理いたします。
(すでに過去の募集に応募され調査票を送付されている里親希望者様は自動的に選考に入れさせていただきます)

また、お手数ですが、これを見られた方はFacebook等でのSNSでのシェアでのご協力もお願いいたします。

NPO法人 全国おやこ福祉支援センター

【おしらせ】Q&A更新しました

以下追記しています。

Q 慈恵病院とは関係あるのですか?
A 慈恵病院とは一切関係ございません。

慈恵病院よりお電話頂きまして、アプリの件や運営方針に関してご意見いただきました。赤ちゃんポストという言葉はマスコミが勝手に付けた言葉とのことですが、利用者の誤認を避ける目的で当団体といたしましても慈恵病院とは一切関係ない旨を告知いたします。

【日本初】赤ちゃん養子縁組マッチング支援アプリ「こうのとり」プレリリースのお知らせ

logo
赤ちゃん養子縁組マッチング支援アプリ「こうのとり」
http://npo-oyako.org/

このたび、NPO法人 全国おやこ福祉支援センターでは、日本では初となる、赤ちゃん養子縁組マッチング支援アプリ「こうのとり」を年内リリースに向け、準備をしております。
このアプリは、日本における特別養子縁組制度をもっと身近にし、より多くの方にご利用いただくことで子どもの福祉の増進をはかるものになります。

・特別養子縁組における養親希望の方には運命のベビーと出会えるチャンスが大幅に増えます。
・産んでも育てられない実親様には、ベビーが幸せな家庭ですくすくと育つ事ができる選択肢になります。
・やむをえず中絶を検討されている実親様にベビーの命を助ける事のできる選択肢を提供します。
・乳児院や児童擁護施設への委託を減らし、より多くの子どもが暖かい家庭で養育を受けることができます。
・実親様は大事なお子様の運命を、どの養親様に託すか決める事ができます。
・養子縁組里親様に対する公的援助(養子縁組里親補助 月額7万円以上支給)を政策提言いたします。

赤ちゃん養子縁組マッチング支援アプリ「こうのとり」は1人でも多くの子どもの命を救います。

 

【募集】平成28年1月3日出産予定の児童の里親様募集 【追記有り】

-----------------
2015年10月28日 21:50 追記
以下の募集ですが、本日無事に家庭訪問、面談を終え里親様が決定いたしました。
今回お申込み頂きまして、選考から外れた方もそのままお待ちいただければ
次回の選考に入れさせていただきます。
次回のご案内で応募されたい方も随時受け付けております。
このたびはシェア拡散頂いた皆様ありがとうございました!
今後ともよろしくお願いいたします。
-----------------
本日20代前半の実母様より面談のうえ、ご依頼いただきました。

大阪府内での出産予定です。
性別はまだ未定とのことです。
ベビーの父はいずれも日本国籍とのことです。
9月に1度健診を受けられまして母子共に健康とのことです。
健康保険証はお持ちです。
ベビーの引渡しは出産後退院時です。
特別養子縁組希望ですので、ご結婚されておられる方が対象になります。

里親ご希望の方は、平成27年10月31日までに当サイトからお問合せ、お申込みください。
なお、それまでに里親様が決定した場合は早めに募集を打ち切る事もございますので、
出来る限り早めにお申込みください。
詳しい情報はお問合せいただき、お申し込み頂いたた後になります。
お申込み、審査に関して費用は特に頂きません。
頂いた情報は個人情報として厳重に管理いたします。

また、お手数ですが、これを見られた方はFacebook等でのSNSでのシェアでのご協力もお願いいたします。

NPO法人 全国おやこ福祉支援センター

養子縁組里親に対しても補助を!

以下の記事をみてわかるとおり、

施設養護VS家庭養護」コスト比較して見えてくるもの
http://blogos.com/outline/137842/

乳児院だと1人の子供を養育するのに年間680万円の予算がかかります。
普通の家庭での養育だと、年間180万円で済みます。

つまり養子縁組里親委託せずに乳児院に委託することで、
年間500万円は公務員の給与や社会福祉法人の役員報酬など、
無駄な予算として浪費されています。

この無駄な500万円のうち、ほんの20%程度の年間100万円、
月に8万円を養子縁組里親手当てとして予算を組んでいただければ

どれほどの里親希望者が増えることでしょうか?
どれほどの児童が暖かい家庭の元ですくすくと成長することができるでしょうか?

社会で子どもを育てるというのであれば、仮に経済的に裕福でなくても
こういった制度を利用して不妊の夫婦が子育てに参加できるようにしても良いのではないですか?

日本の里親制度や児童福祉が世界的に低迷している原因は、
こういった公務員や利権化した社会福祉法人を放置している状態に
根本的な問題があります。

大阪の一部の児童相談所も可能な限り児童を乳児院に送り込もうとします。
満員にもかかわらずです。

もちろん虐待防止の為には必要ですし、
実親に親権があるなかで、養子縁組を行う事は容易ではありません。

しかし、こういった予算の裏づけがでてきてしまった以上は、
親としての自覚の無い、親の義務を果たせない親の親権喪失の要件をかえていくなど
具体的な法改正やガイドラインの改正を
国がやっていかないといけない時期にきているはずです。

 

大阪府の限定里親募集について

要は里親登録制度を周知させるためのきっかけとしての動きです。
まずはこういった動きで里親希望者を行政が増やそうとしている事は良い事だと思います。

同時に、乳児院が満員だという事実も記載されていますが、
乳児院委託ではなく原則里親委託というところまでやっていかないといけません。

15101201

H27年10月3日誕生の新生児(男児)の特別養子縁組 里親様【決定しました】

10月の2日に陣痛が来て救急車で搬送された実母様より特別養子縁組のオファーがあります。 急ぎでの調査、面談等の必要がございますが、我こそはと手を上げていただける方は、至急で申し訳ございませんが、7日の16時頃までに当WEBサイトよりお申込みください。詳しい情報をお渡しします。
大阪府内での出産です。

また、お手数ですが、これを見られた方はFacebook等でのSNSでのシェアでのご協力もお願いいたします。

3700グラムの健康で元気な男の子です。

いただいた個人情報等は全て厳重に管理いたします。

【追記】2015年10月7日 22:38
里親様無事決定いたしました。多くの皆様のご協力誠にありがとうございました!

NPO法人 全国おやこ福祉支援センター